貧乳女子のお悩みはバストアップ施術ですぐに解決

胸を大きくする治療

バストを測るレディー

進歩する治療

美容外科クリニックに行けば、小さな胸を大きくする治療を受けることができます。数カップ以上のバストアップを望んでいる人には、胸に人工乳腺バッグを挿入する整形手術が適しています。一方、1カップに満たない控えめなバストアップを希望している人は、わざわざメスで体を切る整形手術を受ける必要はありません。1カップ程度のバストアップであれば、ヒアルロン酸注射を打つ方法で十分対処することができます。ちなみに、体の中に異物を入れてバストアップするのは嫌だという人には、自分の体から採取した脂肪を注入する整形手術をおすすめすることができます。この3種類の中で一番バストアップ効果の持ちがいいのは、胸に人工乳腺バッグを挿入する整形手術です。使用される人工乳腺バッグはプロテーゼバッグが主流になっていますが、生理食塩水が充填されたバッグが使用されるケースもあります。挿入したバッグが体内で破損しない限り、ずっと大きな胸を保ち続けることができるため、体に少なからぬ負担がかかる手術であるのにもかかわらず、人工乳腺バッグ挿入法による手術を受けたいと強く希望する人がたくさんいます。ヒアルロン酸注入によるバストアップ効果の持続期間は、1〜3年程度といったところです。患者の体質や注入するヒアルロン酸の種類によって効果持続期間が変わってくる可能性がありますが、人工乳腺バッグ挿入法のような永続的な効果を得ることはできません。また、脂肪注入法の場合は、胸に注入した脂肪の生着率によって効果持続期間が変わりますので、まさにケースバイケースということになります。

脂肪注入法

昔から一番よく行なわれてきたのは、人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術です。先程も述べたように挿入したバッグが体内で破損しない限り、半永久的にバストアップ効果を維持し続けられるというメリットがあります。ただし、人間の体には体内に入ってきた異物を排除しようとする機能が備わっているため、術後何もせずに放置しておくと、皮膜拘縮が起こってしまいます。皮膜拘縮が発生した場合は、費用をかけて挿入した人工乳腺バッグを体内から取り除く手術を受けなくてはなりません。ですが、術後にバストマッサージを励行するという方法で皮膜拘縮の発生を防止することができます。とはいえ、結構長い間マッサージを続ける必要がありますので、患者にとって大きな負担になります。そのようなアフターケアが全く必要ないのが、脂肪注入法による豊胸手術です。何しろ自分の体にもともとあった脂肪を充填材として使用しますので、拒否反応が起こる心配をする必要がありません。また、個体を挿入するわけではありませんから、見た目や手触りに全く違和感が生じません。問題になってくるのは、体内に注入した脂肪の生着率です。注入された脂肪細胞がそこに根付かずに死んでしまえば、バストアップ効果も当然に失われてしまいます。体の別の場所にあった脂肪を死なないように生着させるのは、簡単なことではありません。現実的なことを考えると、少し前までは脂肪の生着率がとても低かったため、脂肪注入法を選ぶ人があまり多くありませんでした。しかし、脂肪の生着率を高める方法の研究が続けられた結果、現在では脂肪注入法によって半永久的なバストアップ効果を実現することが決して不可能なことではなくなっています。