貧乳女子のお悩みはバストアップ施術ですぐに解決

バストの悩みの解消方法

カウンセリング

バストに関する悩みを抱える女性は少なくありません。形が変、垂れている、など悩みは様々ありますが、中でも一番に多い悩みが「大きさ」についてです。大きいバストに悩む人ももちろんいますが、小さいバストにコンプレックスを抱えている人にとって、大きなバストは憧れの的です。その現れとして、近年様々な「バストアップ製品」が売られるようになってきています。サイズを大きく見せる下着や、バストアップにつながる運動や食品など、バストアップに関する市場が開拓され、多くの経済効果を生み出しています。さて、その中でも注目を集めるのが、バストアップの整形手術です。サイズを大きく見せる下着を着けていても、はずした時にサイズは元に戻って見えてしまいますし、運動や食品でのバストアップも、すぐに効果が現れることは少なく、継続して努力しなくてはなりません。しかし、整形手術では、小さいバストといったコンプレックスを短時間で確実に解消することが出来ます。整形手術というと、お金がかかりそう、手術の跡が胸に残ってしまいそう、といった不安があるかもしれませんが、近年美容医療技術は目覚ましく進歩していて、傷跡を残すことなく、自然で美しいバストを手に入れることが出来るようになってきました。また手術方法も様々あり、一昔前まで主流であったシリコンを入れる、というような方法の他、自然に大きく見せたい、とにかくサイズを大きくしたい、形を綺麗にしたい、といった様々な悩みに対応した方法があり、自分に合った方法を選択出来るようになってきました。それが、整形という方法が近年人気を集めている秘密です。

整形施術にはいくつか種類が挙げられますが、中でも比較的負担が少ない方法として人気なのは、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸という自然な成分を直接胸に注入する方法なので、傷跡が残ることもありません。手術は15分程度で終了し、すぐに0.5〜2カップ程度のバストアップ効果を得ることが出来ます。ただし、効果は3年程度であるので、ある程度時間が経過したら、再度手術を行う必要があります。バストアップを周りにばれたくない、左右の大きさが違うのでそろえたい、といったような人にオススメの方法です。二つ目が、脂肪注入術という方法です。ヒアルロン酸と同じように、バストに直接脂肪を注入する方法ですが、この脂肪は自分自身のものが使われます。そのため拒否反応などが起こることなく、安心して手術を受ける事が出来ます。またその効果は半永久的であり、一度手術をしてしまえば再手術をしなくてはならないこともありません。術後1週間程度は、腫れたり痛みが出たりすることがありますが、時間の経過とともに症状は改善されるので心配はありません。やせ気味の人は、なかなか脂肪がうまくとれないことがありますが、脂肪さえきちんと取ることが出来れば、0.5〜2カップ程度のバストアップ効果を得ることが出来ます。三つ目が、プロテーゼ挿入です。これは、ワキの下あたりをメスで切開し、プロテーゼという特殊な物質をバストに入れる方法で、小さくしたくなったりした場合は、取り除くことも可能です。5カップ程度大きくすることも可能なため、とにかく胸を大きくしたい、という人にオススメの方法です。