貧乳女子のお悩みはバストアップ施術ですぐに解決

バストアップ手術

胸部

人気の手術方法

美容外科クリニックで現在行なわれている豊胸手術の方法は、大きく3種類に分けることができます。それは、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3つです。数カップ以上のバストアップを望んでいる場合は、胸に人工乳腺バッグを挿入する整形手術を受ける必要があります。この方法であれば、選んだ人工乳腺バッグのサイズ通りの胸に整形することができるので、貧乳の人でもグラマラスボディに生まれ変わることができます。ただし、本格的な美容整形手術ですので、結構まとまった額の費用がかかります。また、体が受けるダメージもそれなりに大きなものになります。一方、せいぜい1カップ程度バストアップすることができれば十分だという人は、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法で対処することができます。特に近年高い人気を集めているのは、ヒアルロン酸注入によるバストアップ整形です。クリニックが用意しているヒアルロン酸注射を胸に打つだけという簡単な方法でバストアップすることができるため、美容整形初心者を中心に大人気になっています。いくら希望通りに胸を大きくすることができるといっても、体にメスを入れるのは怖いと感じるのがごく普通の感覚です。人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法の場合は、どうしても体にメスを入れる必要があります。でも、ヒアルロン酸注入法であれば、体にメスを入れる必要がありません。バストアップできるサイズに限界はあるものの、注射を打つだけという手軽な方法であることが受けて、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術が大人気になっています。

手術費用

豊胸手術の費用は、どの方法で手術を受けるかによって大きく変わってきます。そもそも、自由診療扱いになっていますから、定価のようなものは存在しません。それぞれのクリニックが自由に料金を決めていますので、事前に複数のクリニックの料金を比較してみるようにした方がよいです。複数のクリニックの料金を調べてみることで、おおよその相場料金を知ることができます。利用する側からすれば、少しでも安い費用で手術を受けられるのが一番ですが、安かろう悪かろうといった内容の治療になっているクリニックもありますので、相場を大きく外れるくらい低価格になっているクリニックは、逆に警戒してかかった方がよいかもしれません。反対に、料金が高すぎるのも考えものです。何となく、料金が高ければ高いほど質の高い治療を受けられそうに感じられますが、必ずしもそうとは限りません。ですので、ほぼ相場料金に近い価格設定になっているクリニックを利用するのが、一番無難な選択になります。先程述べた3種類の豊胸手術の中で一番料金が安くなっているのは、ヒアルロン酸注入法による手術です。ですから、あまり予算的な余裕がない人は、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受けるようにするとよいです。ただし、ヒアルロン酸注入によるバストアップ効果に永続性はありません。半永久的なバストアップ効果を望んでいる人は、費用はかかっても人工乳腺バッグ挿入法による手術を受けるようにした方がよいです。コストパフォーマンスの観点から考えると、どの方法が最適だなどと一概に言うことはできません。したがって、それぞれの人が自分の条件に一番合った方法を選ぶことが、とても重要になってきます。